シェアする

プロバイダー変更で通信速度改善と節約を同時にすべき!

ネット回線

こんにちは

今回は引っ越し後、ずーっと試行錯誤していたインターネット回線をどのように安く早く改善していくか解決した話を書いていこうと思います。

そもそも、引っ越す前は回線速度がマンションのハイスピードタイプで最大通信速度がが200Mでso-netでもいつも150Mbpsでていました。

ところが、引っ越し先の現在の住所は最大通信速度が100Mbpsでso-netで夜の込み合う時間帯だと3Mbpsくらいまで速度が低下する問題がおきました。

そのため、光回線をやめてソフトバンクAirにしてみたり、ケーブルテレビのJCOMを調べて速度をあげられないかなど色々調べまくり大変な思いをしていました。

【ネット回線について調べた過去記事】
http://live-strong.info/internet-access-moving-recording-the-first-chapter
http://live-strong.info/story-that-cooling-off-softbank-air

苦労して調べ上げたことで、なぜ回線速度が遅くなるのかを特定する方法を知ることができました。原因は回線にあるのではなく、接続先のプロバイダーが混雑していることにあることを突き止めました。

通信速度が遅い原因をNGN速度テストで突き止める

回線速度が遅くて改善したいと考えている人は、まずなぜ速度が遅いのかを知る必要があり、それを見極めるために、プロバイダーを挟まないで直接NTTへ接続して回線速度を計測することができるNGN速度テストを混雑時に行うべきです。

NGN速度テストの速度とプロバイダーを経由した速度テストで大きな速度の開きがあるのなら原因はプロバイダーにあるということです。

NGN速度テストはこちらへ👉フレッツ速度測定(IPv6)サイト

NGN速度テストの数値とプロバイダーを通して速度を図った数値を比べます。

プロバイダーを通した速度テストはこちらへ👉OOKLAspeedtest

混雑時のスピードがNGN速度テストと大きく開く場合プロバイダーを改善することで速度が劇的に変わります。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

プロバイダー変更キャンペーンを渡り歩くのがインターネット接続料金を最も安くする!

インターネット回線料金、プロバイダー料金は今まで4000円ほどかかっていました。

ソネットから一括請求で請求されていて4050円払っていました。

しかし、この4050円はどういう内訳かというと回線使用料とプロバイダー接続料金を合わせて請求されているのです。

インターネット接続料金を節約するには、この回線使用料とプロバイダー接続料金それぞれを節約することで総額が安くなります。

フレッツ光の回線料金を節約

まず回線使用料を安くする方法があります。

NTT東日本の場合ですが、フレッツ光メンバーズクラブというものに会員登録します。

これに登録すると利用一年ごとに100ポイント付与され、利用三年目には毎月300ポイントもらえてそのポイントは回線料金支払いに充てることができます。このポイントを利用することで私の回線料金は300円安くすることに成功しました。

ただし、NTTからの料金請求からしかポイントで料金減額できないのでプロバイダーから一括請求されている場合、回線料金についてはプロバイダーから請求させずNTTから請求されるように変更することが必須となります。

さらに、2年間NTTのフレッツ光を継続利用する「にねん割」特約をつけることで100円の料金減額をすることも忘れてはいけません。

この2つの節約をすることで通常料金3250円する月額料金が2850円まで減額することが可能になります。

プロバイダー料金を節約

プロバイダーの料金も各社様々であり、高いところは2000円近く請求されるし、安いところは500円という会社もあります。

やはり、料金が異なる理由としては通信料が多い人へ制限をかけるか否かの違いだったり、単純にサポートが弱く回線の混雑状況が劣悪なところだったりと理由は様々あるようです。

料金格安プロバイダーBBエキサイトという選択肢

プロバイダー料金が安い会社として有名なのがBBエキサイトです。

この会社は月額500円で接続できますが、メールアドレスはオプションとなっていて500円ではメールアドレスはついてきません。そして、ネット上の評判としては回線速度が混雑時には相当遅くなると書かれています。

安いのでBBエキサイトを利用しようか迷いましたが、今回は速度に不安があるため見送りました。ただ、キャンペーンを渡り歩くつもりでいますので現在のプロバイダーを一年契約後、BBエキサイトのキャンペーンを一年間利用するかもしれません。

普段、メールを見たり、サイトを閲覧するだけならBBエキサイトでも問題なく利用できると考えています。

オリコン日本顧客満足度NO.1というAsahiNetという選択肢

AsahiNetはネット上での評判がとても良く、メールアドレスも付与されて月額700円という会社です。

私が利用していたSO-NETは月額900円ですので200円安くなるわけです。

速度が速くなることに加えて、200円節約されるならここでいいかと考えました。

そして、キャンペーンを渡り歩くことでさらなら減額をうけることができます。

どういうことかといいますと、スターターキャンペーンでマンションコースなら6カ月無料になるのです。一戸建ての方なら12カ月無料になります。

アサヒネットキャンペーン

マンションコースの場合、最低利用期間が12カ月になるので、一年間で払う利用料金が700円×6カ月で4200円になります。この4200円を12カ月で割ると一カ月350円ということになります。一年後、ほかのプロバイダーのキャンペーンを利用して最低利用期間が終わったころまたAsahiNetにもどってきてキャンペーンを受ければいいと考えています。

これでプロバイダー料金が350円になりましたね。

NTTの回線料金が2850円でプロバイダー料金が350円なのでインターネット接続費用が月額3200円になります。

今まで、4050円もかかっていたネット回線利用料が850円も安くなったわけです。

850円×12カ月で一年で10200円もの節約になります。

プロバイダーの変更手続きは思いのほか簡単

回線を変更するのと違い、プロバイダーの変更はすごく簡単です。

工事も必要ないし、変更した会社から送られてくるIDとパスワードをパソコンとルーターに設定するだけで済むのでものすごく簡単です。

唯一、めんどくさいのはプロバイダーのメールアドレスが変更されてしまうことですが、フリーメールを利用するように変更手続きをするのが最も安くなる方法だと思いますが、めんどくさければ、オプション料金を払えば今まで使っている会社のプロバイダーのメールアドレスが使えると思うので確認してみてください。ちなみにSO-NETの場合月額200円でメールアドレスをそのまま3つまで利用できます。

So-NETからAsahiNetに変更した結果、速度改善!

まず、午前9時のSO-NETの速度です。

ソネット速度

次に、AsahiNetの同時刻の速度です。

asahinet速度

速度が30%以上早くなりました。

プロバイダーの違いでここまで変わるのです。

しかも料金が安くなってですよ。

ネットが一番混雑する時間帯である22時台でも計測してみました。

AsahiNetで計測 22:27

アサヒネット22時

ゴールデンタイムなのに最大100Mbpsの回線で93Mbpsも出しています。

SO-NETの時はこの時間帯は20Mbpsくらいだったと思います。

AsahiNetを使用してみてはどうですか?

AsahiNetは評判通り、素晴らしいプロバイダーでした。

私と同じように節約したい方は契約してみてはどうでしょうか?

AsahiNetでプロバイダー契約するならクリック!

もし、AsahiNetで契約するなら紹介者コードで私のコードを入力してくれたら私も紹介特典をもらえるので「AB4T-ASH」と入力していただけると嬉しいです。

アサヒネット紹介コード

入会時にこの項目で「AB4T-ASH」と入力してください。電話で申し込む方はオペレーターに「AB4T-ASH」とお伝えください。

光コラボよりプロバイダーキャンペーン乗り換えのほうが安い

光コラボってしってますか。

今、ネット回線で主流なのは光コラボというNTTの回線をプロバイダー事業者が借り受け契約者はプロバイダーがNTTから借り受けた光回線をプロバイダー契約とセットで契約して割安な料金で契約できるというものです。

さまざまな会社が光コラボで割引をしています。

携帯料金とセットで割安になったり、様々な特典があるようです。

ですが、移転時に工事料金や契約事務手数料がかかることがネックですし、割引されたとしても私のように月額3200円の料金まで安くなる会社は私は見たことがありません。

携帯とセットで割引されて私と同じ水準の料金まで落とせればいいところでしょう。

しかも、契約してみて速度が遅かった場合2年縛りなどがされて違約金なしには解約できなかったりするデメリットまで付きまといます。

プロバイダー乗り換えキャンペーンなら、プロバイダーの最低利用期間も12カ月とかだしお試しで一カ月だけ通常料金でプロバイダーを利用することで回線速度をお試しできるし光コラボよりプロバイダー変更でキャンペーンを渡り歩く方法が最善だと思うのです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする